【メイクデビュー】(中山6R)~ルフトシュトロームが楽々と抜け出して快勝

     

中山6Rのメイクデビュー中山(芝1600m)は1番人気ルフトシュトローム(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒3(稍重)。3馬身半差の2着に10番人気メリディアン、さらに1馬身半差の3着に2番人気アルピニズムが入った。

ルフトシュトロームは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母ハワイアンウインド(母の父キングカメハメハ)。

~レース後のコメント~
1着 ルフトシュトローム(内田博幸騎手)
「ここではレベルが違った感じでした。3コーナー過ぎから馬が自分でハミを取っていったので、外から他馬も来ていたし逆らわず動いていきました。これから先、距離が延びても大丈夫でしょう」

2着 メリディアン(石川裕紀人騎手)
「ずっと外に張りながら走っていました。かなりロスがありました。その分、荒れている内側を走らなくていい面はありましたが、中山1600mの外枠からよく2着まで来てくれました。今日は勝った馬が強かったと思います」

3着 アルピニズム(M.デムーロ騎手)
「よく頑張っています。ただ、まだ子供で直線に入ってから集中力を欠いていました。これから良くなると思います」

6着 アシュモレアン(A.シュタルケ騎手)
「スピードがゆっくりで徐々に位置を上げていきました。直線の反応も良かったと思います。距離が延びて・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース