【AJCC】美浦レポート~ニシノデイジー

     

 26日(日)に中山競馬場で行われるアメリカジョッキークラブカップに出走を予定しているニシノデイジー(牡4歳、美浦・高木登厩舎)について高木登調教師のコメントは以下の通り。

「前走の菊花賞はゲートの中で他の馬がうるさくて、その影響を受けて出遅れてあのポジションになってしまいました。流れもスローで、最後は距離が長すぎたのかばててしまいました。

 この中間は一回放牧に出して、1か月前に戻して順調にきています。あまりテンションを上げたくないので、それほどきつくない追い切りで本数をこなしたいという考えでやってきました。去年の秋頃から大人になってきた感じがして、年を越してさらに精神面の成長が見られます。体はそれほど大きくは変わっていません。

 先週の追い切りは今回初めてコンビを組む田辺騎手が乗って感覚を確かめてもらい、田辺騎手も分かったと言っていました。今朝はウッドコースでの3頭併せで、テンションを上げないように馬なりで気分よく走らせてちょうどいい追い切りでした。休み明けですが走れる態勢にあります。

 これまで中山で惨敗した時は引っかかったり、雨で道悪になったりと原因がはっきりとしているので、決して中山コースが合わないということはないと思っていますので改めて結果を残したいです。今回は強い馬もいますが、大阪杯を目標にしているので、賞金を稼ぐためにも次につながる競馬をしてほしいと思っています」

(取・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース