2019年度JPNサラブレッドランキング発表~リスグラシュー、牝馬史上最高

     

 『2019年度JPNサラブレッドランキング』上位の馬は以下の通り。
(JRAハンデキャッパー及びNARレーティング担当者の協議により決定)

 2歳トップは、朝日杯フューチュリティステークスを勝ったサリオスで116。第2位は、ホープフルステークスを勝ったコントレイルで115。2歳牝馬のトップは、阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったレシステンシアで113。

 3歳・芝のトップは、有馬記念2着が対象のサートゥルナーリアで120(皐月賞のレーティングは119で、距離区分「I」でのトップとなる)。第2位は、日本ダービーを勝ったロジャーバローズと有馬記念3着のワールドプレミアで119。ワールドプレミアの菊花賞の勝利は116で、距離区分「E」のトップ。牝馬では、阪神カップを5馬身差で勝ったグランアレグリアが117でトップ、ジャパンカップ2着のカレンブーケドールが115で第2位となった。

 3歳・ダートでは、チャンピオンズカップを勝ったクリソベリルが118でトップ、ケンタッキーダービーで6着となったマスターフェンサーが115で第2位。

 4歳以上・芝では、有馬記念を勝ったリスグラシューがトップで126。牝馬のレーティングとしては、昨年のアーモンドアイの124を超える歴代最高値となった。第2位は香港ヴァーズを勝ったグローリーヴェイズで125。第3位は天皇賞(秋)を勝ったアーモンドアイで124、第4位はジャ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース