【萌黄賞】(小倉)~8番人気のディモールトがゴール前捉える

     

小倉10Rの萌黄賞(3歳1勝クラス・芝1200m)は8番人気ディモールト(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒9(稍重)。クビ差の2着に6番人気レジェーロ、さらに3馬身差の3着に5番人気メイショウマサヒメが入った。

ディモールトは栗東・角田晃一厩舎の3歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母オールザットジャズ(母の父タニノギムレット)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ディモールト(鮫島克駿騎手)
「前走がイレ込んで大敗しましたが、今日は厩舎スタッフの皆さんが工夫して、焦れ込みは問題ありませんでした。そうやって力を出せるようにしていただいたことと、少し時計が掛かる馬場も合っていたのだと思います」

2着 レジェーロ(藤田菜七子騎手)
「前に行ってという指示で、ハナに立つ形になりました。こういう時計の掛かる馬場はしっかり走ってくれます。あと少しでした。悔しいです」

3着 メイショウマサヒメ(酒井学騎手)
「ゲートでシャンプするような形で後ろからになりました。それでも聞いていた様な掛かるところもなく、3コーナーから位置を押し上げて行った時には差し切ると思いました。前の馬がしぶとかったですね。それでも芝ダート問わず頑張っています。こういう馬場も良いのでしょう」

4着 ルガーサント(丸田恭介騎手)
「スター・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース