【呉竹賞】(中山)~先手を取ったセランが押し切ってOP入り

     

中山9Rの呉竹賞(3歳1勝クラス・ダート1800m)は4番人気セラン(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒5(良)。クビ差の2着に3番人気ピオノノ、さらに2馬身差の3着に6番人気シアトルテソーロが入った。

セランは栗東・松永幹夫厩舎の3歳牝馬で、父Uncle Mo、母Tiz Miz Sue(母の父Tiznow)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 セラン(武豊騎手)
「ずっと外へ逃げていました。右回りのレースで勝っていますが、本来は左回りの方が良いと思います。着差以上に強かったです。能力があるし、これから楽しみです」

2着 ピオノノ(O.マーフィー騎手)
「勝ち馬をマークして好位でレースを運びました。差せると思いましたが、ペースが遅かったのもあったかもしれません。一生懸命真面目に走っているので、このクラスはすぐに卒業できると思います」

3着 シアトルテソーロ(大野拓弥騎手)
「まだ、こちらの指示に従順に走ってくれません。自分の気分で走っています。ただ、最後までしぶとく伸びていますし、経験を積んでいけば、楽しみだと思います」

4着 マイネルアストリア(津村明秀騎手)
「ちょうど良い位置で競馬が出来ました。所々でハミを取らなかったり、まだ若さがありますが、外へ出してからは、しぶとく脚を使ってくれま・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース