【若駒S】(京都)~ケヴィンが後続を振り切って2勝目

     

京都10Rの若駒ステークス(3歳オープン・リステッド・芝2000m)は3番人気ケヴィン(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒5(良)。クビ差の2着に4番人気アリストテレス、さらに1馬身3/4差の3着に1番人気ラインベックが入った。

ケヴィンは栗東・長谷川浩大厩舎の3歳牡馬で、父キズナ、母トレラピッド(母の父Anabaa Blue)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ケヴィン(和田竜二騎手)
「外枠で頭数も手頃でしたし、スタートは上手く出てくれました。よどみなく流れてくれて、我慢してくれました。まだ良くなると思いますし、成長を促せれば良いですね」

(長谷川浩大調教師)
「落ち着いた流れのところで、ハミを噛んでいました。若さもあります。切れるところはないものの、長く脚を使えるのが持ち味です。体高や脚が長いところを見ても、器用さには対応しきれないところもありますが、スムーズにレースが出来たところでしっかり対応してくれました」

2着 アリストテレス(福永祐一騎手)
「のめったり、走りやすい感じではなかったのですが、よく頑張って伸びてくれました。2000mにもリラックスして我慢してくれました。長く脚を使えますが、もう少しでした」

6着 シルヴェリオ(A.シュタルケ騎手)
「調教とは違う感じでした。・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース