【白富士S】(東京)~伏兵インビジブルレイズが勝利

     

東京11Rの白富士ステークス(4歳以上オープン・芝2000m)は8番人気インビジブルレイズ(O.マーフィー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒1(良)。3/4馬身差の2着に9番人気マイネルサーパス、さらにクビ差の3着に5番人気レッドガランが入った。

インビジブルレイズは栗東・吉村圭司厩舎の6歳牡馬で、父ハーツクライ、母クレバースプリント(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は20戦6勝。

~レース後のコメント~

1着 インビジブルレイズ(O.マーフィー騎手)
「一生懸命な馬です。陣営からは前へ行ってほしいという指示でしたが、前にいけず、それならと思い馬のリズムを大切に乗りました。直線はいい脚で外へもたれるところはありましたが、それはこの馬の特性で無理に矯正する必要はないかなと思います」

3着 レッドガラン(M.デムーロ騎手)
「スタートは出ましたが、二の脚が遅く後方からになりました。直線はいい脚でしたが、勝ち馬が外にふくれるシーンがありました。初めて乗りましたがいい馬ですね」

4着 ゴーフォザサミット(北村宏司騎手)
「スタートを決めていいポジションがとれましたが、直線ではなかなか前が開きませんでした。その分切り替える必要がありました」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース