【3歳500万下】(中山4R)~ジャパンスウェプトが内から突き抜け連勝

     

中山4Rの3歳500万下(ダート1200m)は1番人気ジャパンスウェプト(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒7(良)。3/4馬身差の2着に2番人気サニーストーム、さらに1馬身1/4差の3着に7番人気オルダージュが入った。

ジャパンスウェプトは美浦・古賀慎明厩舎の3歳牡馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母ドルチェメンテ(母の父フジキセキ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ジャパンスウェプト(戸崎圭太騎手)
「新馬の時より落ち着いていて良い雰囲気でした。ゲートは少し遅れてしまいましたが、自分のリズムで行ってところ、最後に良い脚を使ってくれました」

3着 オルダージュ(北村宏司騎手)
「2番手でハミがかりが強かったですが、スムーズでした。先頭に立ってからは、目標がなくなってしまいましたが、それでもよく頑張っています」

4着 ニシノコトダマ(津村明秀騎手)
「4コーナーまで良いリズムで行けて、これからというところで、追ってから頭が上がってしまいました」 

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース