【根岸S】(東京)~初ダートも苦にせずGI馬モズアスコットが突き抜ける

     

東京11Rの第34回根岸ステークス(4歳以上GIII・ダート1400m)は3番人気モズアスコット(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒7(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気コパノキッキング、さらに1馬身差の3着に9番人気スマートアヴァロンが入った。

モズアスコットは栗東・矢作芳人厩舎の6歳牡馬で、父Frankel、母India(母の父Hennessy)。通算成績は20戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 モズアスコット(C.ルメール騎手)
「ゲート内で座るような感じで、スタートは遅れましたが、すぐにハミを取って楽に流れに乗れました。手応えはいつも通りでした。ダートでもよく反応して長く脚を使いました。強かったです。今日のレースぶりなら1600mのフェブラリーステークスも大丈夫でしょう」

(矢作芳人調教師)
「母方の血統や走りっぷりからダートも大丈夫と考えていました。今回は休み明けで脚元の状態も完全ではなかったので、少し心配はありました。そんな中でこの勝ち方ですから、強かったということでしょう。なかなか勝てないレースが続いていましたが、まだ終わっていないことを示すことができました。この後はフェブラリーステークスへ向かいます。その先はオーストラリアのレースを考えています」

2着 コパノキッキング(O.マーフィー騎手)
「外枠に速い馬・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース