【くすのき賞】(小倉)~ラインカリーナが逃げ切り2勝目を飾る

     

小倉10Rのくすのき賞(3歳500万下・ダート1700m)は2番人気ラインカリーナ(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒9(稍重)。3/4馬身差の2着に4番人気グトルフォス、さらに半馬身差の3着に5番人気エルモンストロが入った。

ラインカリーナは美浦・武藤善則厩舎の3歳牝馬で、父パイロ、母フェールクークー(母の父アラムシャー)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ラインカリーナ(横山武史騎手)
「逃げずに番手でも良いと思っていましたが、他が行かず逃げる形になりました。粘り強い馬だと思っていました。手前の替え方がまだ上手くありませんが、それでもこれだけ走るので能力はあります。まだ成長途上でこれから楽しみです」

2着 グトルフォス(柴山雄一騎手)
「ゲートのタイミングが悪く後ろからになりました。1、2コーナーまではやる気満々で新馬の時より前向きになっていました。最後は差せるかとも思いましたが、逃げた馬が抜けていましたからね。まだまだこれから良くなり、強くなる馬です」

3着 エルモンストロ(藤岡康太騎手)
「初めてのダート戦でこの条件でもやれると思っていましたが、もう一つ体を使えるようになるといいと思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【競馬予想】[1]第67回 日経賞(G2) /2019   うまなみ・競馬にゅーす速報