【箱根特別】(東京)~断然人気のサトノラディウスが内から抜け出す

     

東京10Rの箱根特別(4歳以上2勝クラス・芝2400m)は1番人気サトノラディウス(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分25秒5(良)。3/4馬身差の2着に2番人気パルティアーモ、さらに2馬身半差の3着に4番人気クリノオスマンが入った。

サトノラディウスは美浦・国枝栄厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母アーヴェイ(母の父Danehill Dancer)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノラディウス(C.ルメール騎手)
「ずっと良い感じで走っていました。向正面でペースが上がりましたが、この馬には良かったです。最後の直線では前2頭の手応えが良く、それに付いて行けば良いと思っていました。最後は良い反応を見せて、良い脚を繰り出してくれました」

2着 パルティアーモ(津村明秀騎手)
「始めは遅いペースで途中から速くなるというレースでしたが、競馬が上手な馬です。今日は勝ち馬が強かったです」

10着 ヴィエナブロー(野中悠太郎騎手)
「自分のペースで行けました。どちらかというと広いコースより、平坦な小回りコースの方が良いように思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース