【黄梅賞】(中山)~レノーアが内から抜け出す

     

中山9Rの黄梅賞(3歳500万下・芝1600m)は6番人気レノーア(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒5(良)。3/4馬身差の2着に1番人気ミトロジー、さらにハナ差の3着には2番人気カルリーノが入った。

レノーアは美浦・相沢郁厩舎の3歳牝馬で、父スクリーンヒーロー、母レッドターキー(母の父トワイニング)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~

1着 レノーア(相沢郁調教師)
「内でじっと脚を溜められれば、これくらい走れる馬ですね。ずっと厩舎で調整してきて、だいぶ疲れが出てきているのでこの後は休ませます。次走は未定です」

2着 ミトロジー(C.ルメール騎手)
「ゲートの中でうるさくて、スタートが遅れてしまいました。距離は問題なかったので、スタートさえ出てくれればという感じです」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース