【ブラッドストーンS】(中山)~ブロンデル騎手騎乗のブラックジョーが大波乱を演出

     

中山10Rのブラッドストーンステークス(4歳以上1600万下・ダート1200m)は15人気ブラックジョー(F.ブロンデル騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒3(良)。半馬身差の2着に14番人気スミレ、さらに1馬身3/4差の3着には6番人気ロードエースが入った。

ブラックジョーは栗東・安達昭夫厩舎の6歳セン馬で、父ディープスカイ、母ラブレター(母の父Rock of Gibraltar)。通算成績は33戦5勝。

~レース後のコメント~

1着 ブラックジョー(F.ブロンデル騎手)
「調教師からはひっかかるところがあるので気をつけて、脚をためて行ければという話がありました。とにかくリラックスさせて脚をためようと思っていましたが全くかかるところもなく、3コーナーくらいから自分でハミをとって行って、追い出すともう一回反応しました。展開が向けばこのくらいは走れる馬ということでしょう」

3着 ロードエース(三浦皇成騎手)
「暑い頃は芝スタートがもうひとつだったということですが、今日はトップスタートが切れました。満を持して追い出しましたが、ついて行ったぶん、最後で甘くなりました。ただ、良い内容の競馬ができたと思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース