【中山記念】(中山)~ウインブライトが得意舞台で怒涛の差し切り勝ち

     

中山11Rの天皇陛下御在位30年御慶祝第93回中山記念(4歳以上GII・芝1800m)は5番人気ウインブライト(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒5(良)。クビ差の2着に6番人気ラッキーライラック、さらにアタマ差の3着には2番人気ステルヴィオが入った。

ウインブライトは美浦・畠山吉宏厩舎の5歳牡馬で、父ステイゴールド、母サマーエタニティ(母の父アドマイヤコジーン)。通算成績は17戦7勝。

~レース後のコメント~

1着 ウインブライト(松岡正海騎手)
「いい馬の後ろにつけられればと思っていましたが、エポカドーロの後ろにつけられて良い感じで行けました。走れる体になって成長しています。教えたことに応えてくれるようになりました。無理せずに我慢してきたことも良かったのだと思います。時計(勝負)には完成度が上がれば対応できると思っていました。馬には感謝しかありません。もう申し分ないですね。馬が自分のやるべきことをわかっているんです」

2着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「しっかり走りきれるよう、馬の気分優先で乗りました。斤量が53キロということもあって馬に任せて行かせたところ、気分良く走ってくれました。あと少しだったのですが、坂を上ったところでとらえられてしまいました。負けはしましたがこの先が楽しみです」

(松永幹夫調教師)
「秋華賞で惨・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧