栗田博憲調教師の引退コメント

     

2月28日をもって引退する栗田博憲調教師(美浦)は、中山12レース4番ヤマニンシャンデル(田中勝春騎手)が最後の出走(16着/16頭)となった。

~栗田博憲調教師のコメント~

「あっという間の調教師生活でした。小倉で重賞を勝てば全場重賞制覇でしたが、達成できなかったのが少し残念でした。定年間際にイスラボニータとめぐり合えたのは幸せでした。これからは競馬場に足を運んで楽しみたいと思います。ありがとうございました」

(JRA発表による)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧