【京都記念】栗東レポート〜クロノジェネシス

     

☆16日(日)京都競馬場で行われる第113回京都記念(GII)に出走を予定しているクロノジェネシス(牝4、斉藤崇)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎クロノジェネシスについて、斉藤崇史調教師

・(前走のエリザベス女王杯は)初めて古馬と走りましたが馬自体は上手に競馬をしてくれましたし内容としては悪くなかったと思います。

・レース後すぐにノーザンファームしがらきに放牧に出して順調に年を越すことが出来ました。年明け直ぐに栗東トレーニングセンターに戻して京都記念を目標にここまで順調に来ています。

・秋2戦使った時よりも馬がひと回り大きく逞しくなり、4歳になってまた大人になったのかなと思います。

・一週前の追い切りで時計的にも気持ち的にも負荷をかけたかったので、早めに(調教パートナーの)前の馬に追い着かせて並べるような形にして、少し気持ちをのせるような形でいったのですがいい動きでした。それだけ動かしてもへこたれなくなってきているので良化を感じます。

・先週しっかりやったので今週はあまり速くなり過ぎないように、その点だけ注意しました。ただ最後だけ身体を大きく使わせたかったので、ラストは並べて併すようにしました。いい動きでした。

・前回同じコースを走りましたが、その時は(3コーナーの)下りが初めてで気にするようなところがありましたが、今回は2回目です・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース