【洛陽S】(京都11R)ヴァルディゼールが京都マイルで3勝目

     

京都11Rの洛陽ステークス(4歳以上オープン・リステッド・芝1600m)は3番人気ヴァルディゼール(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒2(稍重)。1馬身差の2着に1番人気カリビアンゴールド、さらに半馬身差の3着に8番人気アストラエンブレムが入った。

ヴァルディゼールは栗東・渡辺薫彦厩舎の4歳牡馬で、父ロードカナロア、母ファーゴ(母の父ハーツクライ)。通算成績は6戦3勝。

レース後のコメント
1着 ヴァルディゼール(北村友一騎手)
「シンプルに馬が良くなっていました。勝負どころでズブくなってふわっとする所もありましたが、最後にエンジンが掛かるとしっかり伸びてくれました。気性の幼いところはまだありますが、まだ良くなると思いますし、終いに反応よく伸びるこの馬の良さを生かしていきたいです」

3着 アストラエンブレム(池添謙一騎手)
「好位から流れに乗れましたし、いい形で直線に向けました。しかし、最後はジリジリとした伸びで、もうワンパンチ欲しいところです。マイルは合っています」

4着 ブラックムーン(松山弘平騎手)
「このコースは得意ですし終いにいい脚を使っていますが、もう少し外の枠が欲しかったです」

5着 プロディガルサン(国分優作騎手)
「終いに止めてしまうところがあるので、ハミを噛むぐらいの方がいいというこ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース