【マイルCS】美浦レポート~ステルヴィオ(木村調教師)

     

 18日(日)京都競馬場で行われる第35回マイルチャンピオンシップ(GI)に出走予定のステルヴィオについて、追い切り後の共同記者会見での木村哲也調教師のコメントは以下の通り。

「今日は(併せた相手に乗る)助手がこういう調教だとプレッシャーもかかると思うので、信用・信頼はしているのですが、そこだけですね。いい意味で思い描いたとおりに運べました。いい稽古ができたのかな、と思います。

(ビュイック騎手からは)すばらしい動きだった、と言われました。

(春は)スプリングステークスで良い滑り出しが出来て、個人的にはその後一段と馬が良くなって、いいコンディションに出来た、という手応えがありました。が、終わった話で恐縮ですが、結果的には私の調教の組み立てが失敗して、当時のステルヴィオのパフォーマンスを引き出してあげられなかった、反省点の多い皐月賞でした。さらにダービーでリカバリーできるか、というと、時間はなかったな、という感じで、その中でダービーでも脚を使ってくれて、自分自身悔しい思いをした春シーズンでした。

しっかりオーバーホールして、どういう形で秋を迎えることができるか、ということはありながらも、期待感は持っていました。

(前走の)結果は残念でしたけれども、改めてあの素晴らしい馬を管理させていただいているのだな、という気にさせられましたね。ハードなレース内容だったと思いますし、なおかつあれだけのパ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧