【3歳500万下】(中山7R)~フォッサマグナが人気に応えて押し切る

     

中山7Rの3歳500万下(芝1600m)は1番人気フォッサマグナ(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒5(良)。2馬身半差の2着に2番人気タニノミッション、さらに半馬身差の3着に4番人気ギルマが入った。

フォッサマグナは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牡馬で、父War Front、母River Belle(母の父Lahib)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 フォッサマグナ(C・ルメール騎手)
「1800mよりマイルの方が良いですね。ゴールまでしっかり伸びてくれました」

2着 タニノミッション(M・デムーロ騎手)
「よく頑張りました。スタートを上手に出た後、ペースが遅く頭を上げました。折り合いはつきますが、ペースが遅いと大変な所があります。久々の分、最後は苦しくなりましたが、今日は勝った馬が強すぎました」

5着 ケンデューク(大野拓弥騎手)
「初めて乗りましたが、マイルは合いそうな感じです。坂を上がって、もうひと伸びしてくれました」

7着 スペキュラース(柴田大知騎手)
「今日は外枠の分、ロスが大きかったです。ここ2戦は内枠でロスなく競馬ができていました。1600mは問題ありません」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース