【早鞆特別】(小倉)~4コーナーで後続を離したメイショウワザシが逃げ切る

     

小倉11Rの早鞆特別(4歳以上1000万下・ハンデ・ダート1700m)は3番人気メイショウワザシ(西村淳也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒3(稍重)。3馬身半差の2着に4番人気タガノジーニアス、さらに1馬身1/4差の3着に12番人気シュプリームゾーンが入った。

メイショウワザシは栗東・南井克巳厩舎の4歳牡馬で、父アイルハヴアナザー、母メイショウワカツキ(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウワザシ(西村淳也騎手)
「行ききることができたことが大きかったです。能力が高いです。小倉コースは合っていると思いますが、どこのコースでも走れると思います」

2着 タガノジーニアス(古川吉洋騎手)
「この馬もしっかり走っているのですが、今日は勝ち馬が強かったです」

3着 シュプリームゾーン(柴山雄一騎手)
「人気の馬がハナに立って、この馬もポジションを取るのに、1~2コーナーでかかり気味でした。向正面は大丈夫でした。3着でしたが、昇級戦で、この時計に対応してくれましたから、メドが立つ競馬はできたと思います」

4着 ゼンノワスレガタミ(秋山真一郎騎手)
「これまでのこの馬のレースを見ていたら、3~4コーナーで下がっていくレースがあったので、今日は最後まで頑張ってもらうように意・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧