【オーシャンS】(中山)~逃げたモズスーパーフレアがマイペースで逃げ切る

     

中山11Rのオーシャンステークス(4歳以上GIII・芝1200m)は1番人気モズスーパーフレア(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒1(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気ナックビーナス、さらに2馬身半差の3着に7番人気ダイメイフジが入った。

モズスーパーフレアは栗東・音無秀孝厩舎の4歳牝馬で、父Speightstown、母Christies Treasure(母の父Belong to Me)。通算成績は14戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 モズスーパーフレア(C・ルメール騎手)
「スタートからすごく速かったです。楽に逃げることができましたし、リラックスして、息が入りましたし、直線でペースアップしました。今日は楽に勝つことができましたし、GIでもいけそうです」

1着 モズスーパーフレア(音無秀孝調教師)
「とにかくペースが速かったので、ナックビーナスに差されると思ってヒヤヒヤしましたが、それでも止まらないのですから、力をつけているのでしょうか。優先権を取りましたし、次は高松宮記念。そこでわかると思います。次走は武豊騎手。武騎手とも2戦2勝ですし、左回りも大丈夫でしょう」

2着 ナックビーナス(大野拓弥騎手)
「フレッシュな状態の良さが伝わってきました。負けて悔しいですけど、本番に向けて良いイメージを持って臨めますし、楽しみで・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【競馬予想】[1]第67回 日経賞(G2) /2019 New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
黒船賞2019 予想 New!  競馬sevendays