【チューリップ賞】(阪神)~2歳女王ダノンファンタジーが人気に応える

     

阪神11Rのチューリップ賞(3歳GII・牝馬・芝1600m)は1番人気ダノンファンタジー(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒1(良)。1馬身差の2着に4番人気シゲルピンクダイヤ、さらにハナ差の3着に7番人気ノーブルスコアが入った。

ダノンファンタジーは栗東・中内田充正厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ライフフォーセール(母の父Not For Sale)。通算成績は5戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノンファンタジー(川田将雅騎手)
「直線で目の前に進路がなく、外からも来られていましたが、前が開くと良い反応でよく伸びてくれました。良い内容だったと思います。調教で不安な所が大丈夫だったので収穫もあり、このまま無事に本番へ向かいたいです。楽しみです」

1着 ダノンファンタジー(中内田充正調教師)
「パドックの時から常歩ができていました。調教での成長分はレースにも表れていました。内容も良かったです。正攻法の競馬でジョッキーが上手く教育してくれました。今日はトライアルですし、本番は先です。とりあえず無事に走ってくれました。良くなるのはこれからです。まだ冬毛がありますし、筋肉の張りももうひとつ良くなるでしょう」

2着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「ものすごく走っています。久々でテンションが高かったのですが、よく頑張ってく・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース