【八代特別】(小倉)~逃げたメイショウツバキが2勝目を挙げる

     

小倉12Rの八代特別(4歳以上500万下・芝1200m)は1番人気メイショウツバキ(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒6(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気コスモペリドット、さらにクビ差の3着に3番人気ショウナンタイザンが入った。

メイショウツバキは栗東・西橋豊治厩舎の4歳牝馬で、父メイショウサムソン、母メイショウラグーナ(母の父バブルガムフェロー)。通算成績は21戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウツバキ(幸英明騎手)
「ゲートが速かったので逃げる形になりました。最後までしっかり走ってくれましたね」

3着 ショウナンタイザン(丸山元気騎手)
「内枠から勝ちに行く競馬をしました。頑張ってくれましたが...。直線もう少し伸びてほしかったです」

5着 バーミーブリーズ(藤田菜七子騎手)
「もう一列前の位置につけられれば理想でしたが、今日は一歩目が上手く出なくて思ったより後ろからになりました。最後は良く伸びていますし、立ち回りひとつだと思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース