【オーシャンS】1番人気モズスーパーフレアが逃げ切りV!重賞初制覇

     

 3月2日の中山11Rで行われた第14回夕刊フジ賞オーシャンS(GIII、4歳以上オープン、芝・外1200メートル、別定、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気モズスーパーフレア(牝4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が逃げ切って重賞初制覇。タイムは1分7秒1(良)。優勝したモズスーパーフレアは高松宮記念(3月24日、中京競馬場、GI、芝1200メートル)の優先出走権を獲得した。
 モズスーパーフレアの前後半3ハロンのラップは32秒3-34秒8。この流れでも難なくハナに立ち、4コーナー2番手からスパートしたナックビーナスとの差はゴールまで全く詰まらなかった。

 1馬身1/4差の2着には3番手追走から早めに前をうかがったナックビーナス(2番人気)。これでオーシャンSは3年連続の2着となった。さらに2馬身半差遅れた3着には好位から差を詰めたダイメイフジ(7番人気)。ダイメイフジは2年連続の3着。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000549-sanspo-horse

 続きは「うまなみ・競馬にゅーす速報

 - 競馬まとめ