【アルメリア賞】(阪神)~ランスオブプラーナが逃走V

     

阪神8Rのアルメリア賞(3歳500万下・芝1800m)は2番人気ランスオブプラーナ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒5(良)。1馬身半差の2着に3番人気トーセンカンビーナ、さらに半馬身差の3着には4番人気ジャストアジゴロが入った。

ランスオブプラーナは栗東・本田優厩舎の3歳牡馬で、父ケープブランコ、母マイプラーナ(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~

1着 ランスオブプラーナ(松山弘平騎手)
「スタートが良く、いいスピードを持っているので、スタートの時点ですぐにリードがありました。自分のペースでリズム良く行けましたし、追ってからも突き放してくれました。強い競馬だったと思います」

2着 トーセンカンビーナ(藤岡佑介騎手)
「スタートで悪い部分が出てしまいました。落ち着いて走れれば、終いはいい脚を使ってくれます。集中力の面でまだ幼いところがあるので、外を回さずに馬の間に入れていきました。最後は期待通りの伸びでした」

4着 ジャミールフエルテ(川田将雅騎手)
「途中から自分で前に進もうとしてしまい、壁もなく、苦しい競馬になってしまいました」

5着 イルヴェントドーロ(A.シュタルケ騎手)
「道中はリズム良く行けましたが、最後は残り200mでパワーが切れてしまいました」<・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース