【中山牝馬S】栗東レポート~ミッキーチャーム

     

3月9日(土)に中山競馬場で行われる第37回中山牝馬ステークス(GIII)に登録しているミッキーチャーム(牝4、栗東・中内田充正厩舎)について、追い切り後の中内田充正調教師のコメントは以下の通り。

(前走の秋華賞2着を振り返って)
「自分の競馬はできたかなと思っていました。勝った馬は怪物でしたので仕方がないかなという結論でした」

(前走後の調整について)
「一生懸命走ってくれましたし、疲れがあるかなと思って、成長を促す意味も含めて、少し間隔を空けて、ゆっくりさせてから立ち上げました。ここを目標にしています」

(調教過程を振り返って)
「(1週前は)川田ジョッキーに跨がってもらって、リズム重視で運んでもらいました。
 (今日は)先週が良かったので、輸送もありますし、先週と同じような感じでお願いしました。
 3歳から4歳になって、状態が安定しています。精神的には女の子らしいところがありますが、体調面では良い状態だと思っています」

(今回のレースに向けて)
「秋華賞の時に2000mでも上手に走ってくれましたので、トリッキーな中山の1800mでも対応してくれるのではないかと思っています。
 (ハンデ55キロは)思ったより見込まれたかなと思っています。
 同型の馬が何頭かいるので、それらとあまり絡みた・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース