【金鯱賞】栗東レポート~エアウィンザー

     

3月10日(日)に中京競馬場で行われる第55回金鯱賞(GII)に登録しているエアウィンザー(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)について、追い切り後の辻野泰之調教助手のコメントは以下の通り。

(前走のチャレンジC1着を振り返って)
「その前のレースからメンバーが強くなっていましたし、その中でどういう競馬ができるのかなと思っていました。こちらが思っている以上のパフォーマンスを見せてくれたかなと思っています」

(前走後の調整について)
「前走が終わってから宮城の山元トレセンに放牧に出しました。馬は疲れていなかったので、しっかり牧場で乗り込んでもらってから、こちらに入厩しています」

(調教過程を振り返って)
「1週前にスイッチを入れてもらいたかったので、武騎手に乗ってもらって、最後もしっかりと仕掛けてもらいました。これで十分に中身の方はできているかと思います。
 先週にCウッドチップコースでしっかり負荷をかけまして、先週末も坂路で時計を出していました。当該週(今週)はサッと感触を確かめる程度の調教でした。しっかり走れていましたし、息遣いも良かったので、十分に中身はできているかなと思っています。
 一度放牧に出しましたので、しっかりとリフレッシュして帰ってきてくれましたし、調教も順調にここまで積めています。良い状態で送り出せると思います」

(今回のレ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース