【金鯱賞】栗東レポート~ダノンプレミアム

     

3月10日(日)に中京競馬場で行われる第55回金鯱賞(GII)に登録しているダノンプレミアム(牡4、栗東・中内田充正厩舎)について、追い切り後の中内田充正調教師のコメントは以下の通り。

(前走の日本ダービー6着を振り返って)
「頑張って走ってくれたかなと思っています」

(前走後の調整について)
「秋に一回厩舎に入れて、使う形には持っていこうとしたのですが、爪の状態があまり良くなかったので、一回休ませて、立て直す形になりました」

(調教過程を振り返って)
「1週前はそこそこ負荷をかけたかったので、負荷をかけての追い切りを行いました。
 今日は川田ジョッキーに再度跨がってもらって、道中はリズム良く、終いを伸ばすイメージで行ってもらいました。その通りの調教ができたかなと思っています。ここまで順調です」

(今回のレースに向けて)
「(初めての中京は)走ってみないと分からないところです。
 古馬になって2000mに対応できるかというのが今週の競馬で見られるかなと思っています。
 馬の状態と、ここなら良い状態で走らせることができるかなというところと、限られた番組の中ですので、(ローテーション的に)ここ(金鯱賞)を選択しました。
 GIIですし、一級の馬が出てくるので相手は強いと思っています。
・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧