【フィリーズレビュー】栗東レポート~アウィルアウェイ

     

3月10日(日)に阪神競馬場で行われる第53回フィリーズレビュー(GII)に登録しているアウィルアウェイ(牝3、栗東・高野友和厩舎)について、追い切り後の高野友和調教師のコメントは以下の通り。

(前走の京王杯2歳S2着を振り返って)
「惜しいところまで迫って負けたので、レース直後はすごく悔しかったです。馬はよく頑張ってくれましたし、馬は称えてあげていいかなと思います。スタートで少し挟まれて後手を踏む形になってからのレースの流れが重賞にしてはすごく遅いペースになってしまったので、その中で乗り役も外を回さずに内をついてよく歯を食いしばって踏ん張ってくれたと思います。
 (上がり32秒8は)スローですから、現代競馬はそういうこともあるので、取り立てて凄すぎるというほどではないのですが...。
 デビューの時から(確かな手応えは)元々掴んでいます。その分勝てなかったという悔しさが先になったのかなと思います」

(前走後の調整について)
「(昨年の)締めに2歳GIを使う予定が少し球節が腫れたためにやめたという事情がある分、決して順調ではありませんでした。このフィリーズレビューに向けて立ち上げてからは順調に来られています。状態に関しては大丈夫だと思います」

(調教過程を振り返って)
「トレセンに帰ってきてから一歩ずつ時計を詰めています。1週前はそれなりにやろうか・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧