【ゆきやなぎ賞】(阪神9R)~人気薄のタイセイモナークが好位から抜け出す

     

阪神9Rのゆきやなぎ賞(3歳500万下・芝2400m)は5番人気タイセイモナーク(A.シュタルケ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分28秒9(良)。2馬身半差の2着に1番人気アールコンセンサス、さらに3/4馬身差の3着に3番人気マコトジュズマルが入った。

タイセイモナークは栗東・西村真幸厩舎の3歳牡馬で、父ルーラーシップ、母アソルータ(母の父ゼンノロブロイ)。通算成績は10戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 タイセイモナーク(A.シュタルケ騎手)
「いいレースができましたが、まだ子どもっぽく、直線では物見をするようなところがありました。今日は少頭数でうまくレースができました。能力があるので、頭数が多くなったレースでさらに経験を積めば、もっと良くなると思います」

2着 アールコンセンサス(M.デムーロ騎手)
「よく頑張りましたが、少しズブかったです。ジリジリと長く脚は使ってくれているのですが......」

3着 マコトジュズマル(藤岡佑介騎手)
「2番手からという指示でした。現状の力は出していると思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧