【中山牝馬S】フロンテアクイーンが接戦を制し重賞初制覇!三浦皇成 通算700勝達成

     

 3月9日の中山11Rで行われた第37回中山牝馬S(4歳以上オープン、牝馬、ハンデ、GIII、芝1800メートル、14頭立て、1着賞金=3600万円)は、三浦皇成騎手騎乗の5番人気フロンテアクイーン(6歳、美浦・国枝栄厩舎)が、中団から馬群を割って渋太く脚を伸ばして勝利。これまで5度の重賞2着があったが、この勝利で史上62人目のJRA通算700勝達成となった三浦皇成騎手の好騎乗に導かれ、惜敗続きに終止符を打った。タイムは1分47秒7(良)。

 後方2番手から最後の直線で追い込んだウラヌスチャーム(3番人気)がハナ差の2着、さらにクビ差の3着にはハンデ51キロの最軽量だったアッフィラート(11番人気)が入線。1番人気のノームコアは馬群の内からスムーズに抜け出せず7着、2番人気のミッキーチャームは果敢に好位馬群に取り付いたものの伸び切れず14着に敗れている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00000559-sanspo-horse

199

 続きは「うまなみ・競馬にゅーす速報

 - 競馬まとめ

最新記事一覧