【ポラリスS】(阪神11R)~ヴェンジェンスが後方から脚を伸ばしオープン初勝利

     

阪神11Rのポラリスステークス(4歳以上オープン・ダート1400m)は2番人気ヴェンジェンス(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒3(稍重)。1馬身差の2着に14番人気タムロミラクル、さらにハナ差の3着に7番人気バイラが入った。

ヴェンジェンスは栗東・大根田裕之厩舎の6歳牡馬で、父カジノドライヴ、母スペシャルクイン(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は21戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴェンジェンス(幸英明騎手)
「相変わらず砂を被ってズブさを見せましたが、外に出してからは力が違いました。コパノキッキングを負かしたように力のある馬ですし、距離も1400mの方が良いです。砂を被っても我慢できるようになると良いですね」

3着 バイラ(和田竜二騎手)
「勝ち馬を見ながらの競馬。勝負どころで一瞬置かれてしまったのが......。ただ、終いは確実に来るようになっています」

4着 ヒロブレイブ(鮫島良太騎手)
「後方から大外一気では厳しいと思い、馬群の中に入れていきました。ゴチャついて踏み遅れた感じになったのがもったいなかったです」

13着 スズカコーズライン(酒井学騎手)
「京都で勝ったあたりからゲート内でソワソワしているのですが、今日もゲートの中でガサガサしていました。出負け気味でしたが、押してハナに行・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース