【淡路特別】(阪神)~プリンスオブペスカが5馬身差で圧勝

     

阪神9Rの淡路特別(4歳以上1000万下ハンデ、芝2400m)は5番人気プリンスオブペスカ(藤井勘一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分26秒7(良)。5馬身差2着に1番人気アロマドゥルセ、さらに1馬身3/4差で3着に2番人気メイショウカミシマが入った。

プリンスオブペスカは栗東・松永昌博厩舎の5歳牡馬で、父ハーツクライ、母プリンセスペスカ(母の父チーフベアハート)。通算成績は25戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 プリンスオブペスカ(藤井騎手)
「すんなりと向正面でペースが落ちた時に前の方に行けました。道中、力むところがまったくなく、直線に向いてやっとグッと来る感じでした。スタミナがありますし、5馬身差、強かったです」

2着 アロマドゥルセ(松若騎手)
「向正面はいい感じで勝ち馬を見ながら上がって行けましたが、4コーナーで置かれてしまいました。長く脚は使っていますが、コーナーで反応出来ていれば良かったと思います。重い馬場は大丈夫です」

3着 メイショウカミシマ(秋山騎手)
「休み明けでしたし、ここを使って次は良くなると思います」

4着 ヴィッセン(荻野極騎手)
「今回からブリンカーを着け、いい意味で気が入っていました。道中の追走も楽でした。大トビなので、意識的に早めに動かしました。この馬としてはいい競馬が出来ま・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧