【フィリーズレビュー】(阪神)~ノーワンとプールヴィルの同着優勝

     

阪神11Rの第53回フィリーズレビュー(GII、3歳牝馬、芝1400m)は12番人気ノーワン(坂井瑠星騎手)と3番人気プールヴィル(秋山真一郎騎手)の同着優勝となった。勝ちタイムは1分22秒0(稍重)。さらに1/2馬身差で3着に6番人気ジュランビルが入り、上記3頭が桜花賞の優先出走権を獲得した。

ノーワンは栗東・笹田和秀厩舎の3歳牝馬で、父ハーツクライ、母プレイガール(母の父Caerleon)。通算成績は6戦2勝。

プールヴィルは栗東・庄野靖志厩舎の3歳牝馬で、父Le Havre、母ケンホープ(母の父Kendargent)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着同着 ノーワン(坂井瑠星騎手)
「際どかったので分かりませんでしたが、同着でも勝てて良かったです。こういう機会を与えて下さったすべての関係者の方々に感謝しています。枠が決まった時に、こういう競馬になると思いました。追い切りの動きも良かったですし、緩い馬場もこなしてくれました。折り合いに問題はありませんから、距離も大丈夫です」

1着同着 プールヴィル(秋山騎手)
「負けたと思いましたが、勝てて良かったです。ここ2戦、悔しい思いをしていましたから、今日は勝ちたかったですし、勝てて良かったです。年末の阪神JFでもいいところがありましたから、本番もチャンスはあると思います。体が大きくない馬ですから、・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース