【ダイオライト記念】(船橋)~チュウワウィザード交流重賞2勝目

     

13日(水)船橋競馬場(曇・重)で行われた第64回ダイオライト記念(JpnII・4歳以上オープン ダート2400m)は、船橋のヤマノファイトが競走除外となり13頭によって行われた。レースは先行するオールブラッシュ(JRA )を見ながら、終始2番手を追走したチュウワウィザード(JRA)が直線で先頭に立つと後続との差を広げ、交流重賞2勝目を挙げた。勝ち時計は2分37秒3。勝利騎手はJRAの川田将雅。

2着争いは、2周目3コーナーから追い上げたアポロケンタッキー(JRA)が、粘るオールブラッシュ(JRA)を最後交わして4馬身差の2着に上がり、3着に半馬身差でオールブラッシュ、4着には1馬身半差でミツバ(JRA)と、上位はいずれもJRA勢が占めた。また、地方勢では船橋のサウンドトゥルーが5着に入った。

チュウワウィザードは父キングカメハメハ、母チュウワブロッサム(その父デュランダル)という血統の牡4歳馬。JRA栗東・大久保龍志厩舎の管理馬。通算成績は10戦6勝、2018年名古屋グランプリに続き交流重賞2勝目となった。

<レース後の関係者のコメント>
1着チュウワウィザード(大久保龍志調教師)
「川田騎手が騎乗していたので安心して見ていましたが、勝ててホッとしています。今日は内枠で、スタートが悪くない馬なのですが、ハナを切ったら嫌だなと思っていました。行く馬がいたので、シメシメと思って見ていました。・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
キーファーズの所有馬w New!  うまなみ・競馬にゅーす速報