【3歳500万下】(中山7R)~ハルサカエが接戦を制しデビュー2連勝

     

中山7Rの3歳500万下(ダート1200m)は2番人気ハルサカエ(藤田菜七子騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒5(良)。ハナ差の2着に7番人気メールデゾレ、さらにクビ差の3着に3番人気ニシノコトダマが入った。

ハルサカエは美浦・大竹正博厩舎の3歳牝馬で、父ゴールドアリュール、母タピルージュ(母の父ワイルドラッシュ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ハルサカエ(藤田菜七子騎手)
「ゲートを出てくれましたし、行く馬が多いので番手でも良いと思っていました。砂を被って嫌がるところもありましたが、しっかり伸びてくれました」

2着 メールデゾレ(蛯名正義騎手)
「ゲートは大丈夫でした。スピードがありますし、サウスヴィグラス産駒にしては硬くなく、芝でも走れそうなフットワークをしています。良い馬ですし、競馬を覚えていけばと思います」

3着 ニシノコトダマ(石川裕紀人騎手)
「徐々に終いを伸ばす競馬が板についてきました。今日も脚を使っています。展開次第でチャンスは来ると思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース