【招福S】(中山)~キクノルアがマイペースの逃げ切り

     

中山9Rの招福ステークス(4歳以上1600万下・ハンデ・ダート1800m)は3番人気キクノルア(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒0。3/4馬身差で1番人気ディキディキ、2番人気アナザートゥルースの2頭が2着同着となった。

キクノルアは栗東・奥村豊厩舎の5歳牡馬で、父カネヒキリ、母ライトハートリー(母の父パラダイスクリーク)。通算成績は17戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 キクノルア(藤岡佑騎手)
「スッと先手を取って、そこからいいペースで逃げられました。追ってからもしっかり伸びましたし、いい内容で勝てました」

2着(同着) ディキディキ(マーフィー騎手)
「スムーズに走らせて、という指示があって、その通りの競馬ができました。ただ、勝ち馬に完璧にペースを作られてしまいましたね。そこに尽きると思います」

2着(同着) アナザートゥルース(大野騎手)
「1回使ってピリッとしました。しっかり最後も差を詰めてきてくれています」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【競馬予想】[2]第67回 日経賞(G2) /2019 New!  うまなみ・競馬にゅーす速報