【ファルコンS】(中京)~ハッピーアワーが外から鮮やかに差し切り重賞初制覇

     

中京11Rの中日スポーツ賞ファルコンステークス(3歳GIII・芝1400m)は4番人気ハッピーアワー(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒9(良)。3/4馬身差の2着に3番人気グルーヴィット、さらに3馬身差の3着に2番人気ローゼンクリーガーが入った。

ハッピーアワーは栗東・武幸四郎厩舎の3歳牡馬で、父ハービンジャー、母サクセスシルエット(母の父ディープインパクト)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ハッピーアワー(吉田隼人騎手)
「これまで乗っていた秋山騎手からいろいろ話を聞いていました。スタートは速くなさそうなのでゲートだけ注意して、あまり馬群から離されないようにレースをしました。4コーナーでは2着馬を前に見ながら抜群の手応えでした。追い出すと一気に伸びてくれました。今日の感じなら良い位置で溜めも利きそうなので、マイルでも良いレースが出来そうです」

2着 グルーヴィット(北村友一騎手)
「レース前に考えていたように、人気馬を前に見てスムーズに追走が出来ました。終いもよく反応して伸びました。素直な馬で初めての芝でも脚が使えました。体の緩さが解消すれば、このクラスでも活躍出来る馬だと思います」

3着 ローゼンクリーガー(福永祐一騎手)
「よく頑張って走ってくれました。今日は上位の2頭が強かったということでしょう。この馬・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース