【中山金杯】(中山)~中山巧者のウインブライトが豪快に差し切る

     

中山11Rの中山金杯(4歳以上GIII・芝2000m)は3番人気ウインブライト(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒2(良)。半馬身差の2着に7番人気ステイフーリッシュ、さらにクビ差の3着に9番人気タニノフランケルが入った。

ウインブライトは美浦・畠山吉宏厩舎の5歳牡馬で、父ステイゴールド、母サマーエタニティ(母の父アドマイヤコジーン)。通算成績は16戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ウインブライト(松岡騎手)
「もう少し前につけられるかと思いましたが、主張する馬が多くて思ったような位置ではありませんでした。それでも、馬の後ろで折り合えますし、不安はありませんでした。そして、直線で差し切る脚もありました」

2着 ステイフーリッシュ(藤岡佑騎手)
「前半もう少し位置を取りたかったのですが、外枠だったのでジワッと乗る形で行きました。スローペースでしたし、切れるタイプではないので、早めに動いていきました。良く頑張ってくれました。もう少し内枠なら良かったのですが」

3着 タニノフランケル(内田騎手)
「いい感じでハナに行けました。勝負どころですぐ後ろに来られる形になりましたが、それでも坂を上ってからもう一回伸びてくれました。いい競馬ができたと思います。内枠だったのでハナへ行きましたが、囲まれるような形にならなければ、控えても大丈夫でしょ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【競馬予想】[3]第49回 高松宮記念(G1) /2019 New!  うまなみ・競馬にゅーす速報