【シンザン記念】(京都11R)~最内から抜け出したヴァルディゼールが重賞初V

     

京都11Rのシンザン記念(3歳GIII・芝1600m)は4番人気ヴァルディゼール(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒7(良)。クビ差の2着に10番人気マイネルフラップ、さらに1馬身半差の3着に2番人気ミッキーブリランテが入った。

ヴァルディゼールは栗東・渡辺薫彦厩舎の3歳牡馬で、父ロードカナロア、母ファーゴ(母の父ハーツクライ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴァルディゼール(北村友一騎手)
「嬉しいです。ゲート自体は安定している馬ではないので、ゲートを出て好位で競馬をしたいと思っていました。まだ幼いので、抜けてからフワフワする面を見せていましたが、それも能力のある証拠だと思います。その辺は成長に期待したいです。(厩舎に)重賞勝利を年明けからプレゼントできて嬉しいです」

2着 マイネルフラップ(吉田隼人騎手)
「進んでいかなかったので、腹をくくって決め手勝負に徹しました。4コーナーで他にぶつけられて逃げるような所がありましたが、よく盛り返してくれました」

3着 ミッキーブリランテ(坂井瑠星騎手)
「レース前はテンションが上がるところがありました。返し馬に行ったらいつもと同じ雰囲気になりました。ゲートは出てくれなくて、思っていたよりもポジションは一列後ろになりました。それでも何とか我慢してくれました。直線では良い・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース