【阪神大賞典】1番人気 シャケトラが5馬身差圧勝!重賞3勝目

     

 3月17日の阪神11Rで行われた第67回阪神大賞典(4歳以上オープン、別定、GII、芝3000メートル、11頭立て、1着賞金=6700万円)は、戸崎圭太騎手騎乗で1番人気に支持されたシャケトラ(牡6歳、栗東・角居勝彦厩舎)が道中は後方で待機し、勝負どころの2周目3、4コーナーで一気に好位まで進出すると、直線半ばで先頭に抜け出して完勝。4月28日に京都競馬場で行われる、平成ラストとなる天皇賞(春)の優先出走権を獲得した。タイムは3分6秒5(良)。

 5馬身の2着には格上挑戦のカフジプリンス(6番人気)が入線し、さらに2馬身半差の3着には先行したロードヴァンドール(10番人気)が粘り込んだ。なお、2番人気のリッジマンは6着、3番人気のコルコバードは10着、4番人気のアドマイヤエイカンは5着にそれぞれ敗れている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000554-sanspo-horse
1

 続きは「うまなみ・競馬にゅーす速報

 - 競馬まとめ

最新記事一覧