【スプリングS】(中山)~伏兵エメラルファイトが競り合いを制す

     

中山11Rのスプリングステークス(3歳GII・芝1800m)は10番人気エメラルファイト(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒8(良)。アタマ差の2着に1番人気ファンタジスト、さらにクビ差の3着に7番人気ディキシーナイトが入った。

エメラルファイトは美浦・相沢郁厩舎の3歳牡馬で、父クロフネ、母セトウチソーラー(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 エメラルファイト(石川裕紀人騎手)
「頭数が多いのでどう捌こうかと思っていましたが、ある程度周りを見渡せる良い位置につけられました。直線では良い手応えで抜けて行ったので楽に勝てるかと思いましたが、坂が少しこたえたようです。それでもそこからもうひと脚使ってくれました。精神面ですごく成長しているのを感じます。相沢厩舎の馬で勝てたのがとても嬉しいです」

(相沢郁調教師)
「スタートが良く、道中も理想的な競馬ができましたし、騎手が上手く乗りました。前走を見て、ちゃんと乗れば脚を使うと思っていましたし、スタートだけ気をつけるように言いました。距離も問題ありませんし、次に向けて無事に行ってほしいです」

2着 ファンタジスト(武豊騎手)
「上手く折り合いがついて、やりたいレースは出来ました。距離も全く問題なかったですし、力がある所を見せてくれましたね。あそこまで・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース