【阪神大賞典】(阪神)~人気のシャケトラが突き抜けて重賞連勝

     

阪神11Rの阪神大賞典(4歳以上GII・芝3000m)は1番人気シャケトラ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分06秒5(稍重)。5馬身差の2着に6番人気カフジプリンス、さらに2馬身半差の3着に10番人気ロードヴァンドールが入った。

シャケトラは栗東・角居勝彦厩舎の6歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母サマーハ(母の父Singspiel)。通算成績は13戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 シャケトラ(戸崎圭太騎手)
「強かったです。追い切りで初めて跨って、良い馬だと思っていましたし、良い感触を得ていたので、自信を持って騎乗することが出来ました。折り合いも十分ついて、直線も良い手応えで迎えることができました。距離は大丈夫だと感じました。3000m以上で、僕は勝っていなかったので、そういう意味では不安要素は僕だけだったので、勝ててよかったです」

2着 カフジプリンス(中谷雄太騎手)
「長丁場のレースは合っています。道中はリラックスしていましたが、相手の手応えが違いすぎました。それでも交わされてからよく食らいついています。長丁場なら大きいところを狙えるのではないでしょうか」

3着 ロードヴァンドール(横山典弘騎手)
「やっと良くなってきました。これからが楽しみです」

4着 ソールインパクト(福永祐一騎手)
「ディー・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース