【日経新春杯】栗東レポート~ルックトゥワイス

     

1月13日(日)に京都競馬場で行われる第66回日経新春杯(GII)に登録しているルックトゥワイス(牡6、栗東・藤原英昭厩舎)について、追い切り後の藤原英昭調教師のコメントは以下の通り。

(デビューから振り返って)
「新馬戦では悪い気性を見せて、それでも勝ち切ったというので、すごく素質は認めていました。しかしその素質を生かすだけの精神力が足らず、体も弱かったので、間を開けながらレースを使っていました。
 成長過程というのが(同厩舎のパフォーマプロミスに)似ています。秘めた能力も遜色ないと思っています。たまたまこうなりましたが、良い傾向ではあるかなと思います。
 経済動物ですから、そこにはオーナーの理解というのが第一にあります。しかし、それで(理解が)得られたということであれば、やはり上に持っていきたいと我々スタッフ一同頑張っています」

(前々走のアルゼンチン共和国杯8着を振り返って)
「スローペースの上がり勝負になりました。ゲートで出負けして、それが尾を引いたという感じはします」

(前走のグレイトフルS1着を振り返って)
「ずっと左回りを使っていて、少し気性の悪い、元気な馬なので、いつものルーティンで行っていました。今回は久々に右回りということで、どうなるかなという試しのレースでした。見事にしっかりと成長して走ってくれました。すごく収穫のあるレースで・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース