【日経新春杯】栗東レポート~メイショウテッコン

     

1月13日(日)に京都競馬場で行われる第66回日経新春杯(GII)に登録しているメイショウテッコン(牡4、栗東・高橋義忠厩舎)について、高橋義忠調教師のコメントは以下の通り。

(前走の菊花賞14着を振り返って)
「ゲートの出が今一つというレース内容でした。自分の競馬ができなかったというのが敗因の一つかなと思いました。馬はレースを使った後も問題ありませんでしたので、気持ちを切り替えて、ここを目標に進めてきたつもりです」

(前々走の神戸新聞杯では3着)
「強い相手と戦いまして、それなりの内容で競馬をしてくれました。これならば4歳になってもそれなりの競馬ができるのではないかという手応えを掴みました。そう思える1戦であったのではないかと思います」

(前走後の調整について)
「菊花賞が終わりまして、一旦放牧に出ていました。疲れはそんなに残っていなかったのですが、放牧期間は十分に取れたのではないかと思います。その間に馬はもう一つ成長することができました。今年これから走っていくにあたって良い形で帰って来ることができたかなと思います」

(調教過程を振り返って)
「今回このレースに向けて、1ヶ月ぐらい前にはトレセンに帰厩したのですが、先ほど申しました通り、馬が成長していました。その中での追い切りでは、馬の状態を見ながら、その日の朝にだいたいの調整内容を決めるという・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース