【京都金杯】(京都)~ウインプリメーラが重賞初V

     

京都11Rの京都金杯(4歳以上GIII・芝1600m)は3番人気ウインプリメーラ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒0(良)。半馬身差の2着に13番人気テイエムタイホー、さらに1馬身半差の3着に7番人気ミッキーラブソングが入った。

ウインプリメーラは栗東・大久保龍厩舎の6歳牝馬で、父ステイゴールド、母エリモプリティー(母の父フォーティナイナー)。通算成績は27戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ウインプリメーラ(川田将雅騎手)
「いいチャンスをいただいて、しっかり勝たせることができてよかったです。初めてコンビを組みましたが、京都コースが合うということでしたので楽しみにしていました。レースではいいポジションがとれて、いいリズムで走っていました。いいところで先頭に立って、よく最後までしのいでくれました」

3着 ミッキーラブソング(小牧太騎手)
「ここのところ短い距離を走っていますから行きっぷりがよく、今日はハナに行ってもいいという気持ちでした。道中はどこかで内に入れて一息つきたかったのですが、内に入れず気負って走っていました。それにしても今日は勝った馬が強かったですね」

4着 シベリアンスパーブ(藤岡康太騎手)
「道中脚をためていくように指示がありました。よく脚はたまったのですが、向正面でゴチャついたときに一列位置を下げたのが痛かっ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧