【初咲賞】(中山)~フェルメッツァがゴール前捉える

     

中山9Rの初咲賞(4歳以上1000万下ハンデ、芝1800m)は5番人気フェルメッツァ(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒3(良)。クビ差2着に3番人気ストレンジクォーク、さらに1/2馬身差で3着に2番人気マルターズアポジーが入った。

フェルメッツァは栗東・松永幹夫厩舎の5歳牡馬で、父ディープインパクト、母スキッフル(母の父トニービン)。通算成績は19戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 フェルメッツァ(石橋脩騎手)
「取りたいなと思っていた内枠でした。あれだけ離して逃げるとは思いませんでしたが、行く馬は1頭だと思っていました。理想的なポジションを取ることが出来ました。ゲートに関しても、厩舎スタッフがしっかりやってくれましたし、それが勝因だと思います。流れに乗れました」

2着 ストレンジクォーク(柴山騎手)
「本当にいい感じだっただけに、悔しいです」

6着 キネオダンサー(蛯名騎手)
「一息入れてリフレッシュして、馬の状態は前回よりも良くなっていました。最後も伸びて来ていました。メンバー次第ですね」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
永久保存版『福永祐一』名言集 New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
神戸新聞杯2 主なイベント のど自慢 New!  競馬サイン・勝利の法則