【競馬】ブチコ 可愛さで人気急上昇

     

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 09:05:44.04 ID:CAP_USER*.net
一口にサラブレッドといっても、茶褐色の鹿毛、黄色に近い栗毛、灰色の芦毛、黒の光沢が映える黒鹿毛など様々だが、
中央競馬に“白毛にブチ”というダルメシアンのような馬「ブチコ」が登場。ジワジワと人気を集め始めている。

ブチコは2014年10月に京都競馬場でデビューを飾り、昨年1月に4戦目で初勝利を挙げると、2月の5戦目も連勝。
G1で2勝をあげたキングカメハメハを父に持ち、母方の血統に稀代の種牡馬・サンデーサイレンスを持つブチコは、白色の毛に黒のぶちがまだらに入った4歳の牝馬だ。

そんなブチコが1月5日、京都競馬場で11戦目のレースに挑戦した。2番人気だったブチコは、
第4コーナー手前でトップに立つと、そのままグングンと後続を引き離し、2着に1.7秒差を付ける大差で1着でゴール。これで戦績は11戦3勝となった。

すで・・・

 続きは「うまなみ・競馬にゅーす速報

 - 競馬まとめ