【京成杯】美浦レポート~ウムブルフ

     

17日(日)に中山競馬場で行われる第56回京成杯(GIII)に登録をしているウムブルフ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)について、橋本篤典調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の未勝利戦1着を振り返って)
「悔しい競馬が2回続いていて、3回目で中山になりましたし、大外枠でした。2戦目では短い距離を使いましたので、1~2コーナーまでずっと引っ掛かるような感じになりましたので、レースぶりも案の定というか、楽な競馬ではなかったと思います。その中で終いはしっかりと脚を使いましたので、本当に力を出せば、これぐらい強いのだなということを再認識しました。
 メンバー云々は抜きにして、時計的にはまずまずだと思いますし、競馬ぶりは本当に強い内容だったと思います」

(前走後の調整について)
「在厩したまま、少し楽をさせました。ゆったりと仕上げているという感じです」

(1週前追い切りについて)
「ジョッキーに乗ってもらいました。競馬でも見せているような、いくらか口向きの悪さもあったということですが、その辺は許容範囲ということで、動き自体はまずまずでした」

(最終追い切りについて)
「5ハロンから時計を出しました。全体的にはそれほど速くないのですが、これも良い動きだったと思います」

(中山の芝2000mについて)
「コース的には、(・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース