【高松宮記念】美浦レポート~スノードラゴン(高木登調教師)

     

 24日(日)に中京競馬場で行われる高松宮記念に出走を予定しているスノードラゴン(牡11歳、美浦・高木登厩舎)について高木登調教師のコメントは以下の通り。

「前走は久々で、レース後は筋肉の硬さがありましたが、ケアをして問題がないので調教を積んできました。この中間馬は元気で、いい状態で出られると思っています。

 今朝の追い切りは角馬場で体をほぐしてから坂路を一本走るという予定通りの調教でした。間隔が詰まっているので、時計(単走で53秒9-39秒0-25秒3-12秒5)はあまり出さず、終いだけというものでした。これで充分かなと思っています。

 今回で5度目の高松宮記念出走ですが、左回りの直線が長いコースは合っています。最近はスタートもいいので、ゲートを出たなりで自分のペースで走ってくれたらいいと思います。この馬はスイッチのオンとオフがはっきりしているのですが、前走は久々の分競馬モードに入らなかったようです。

 今回は藤田菜七子騎手とのコンビですが、彼女は馬に対する当たりもいいので、リズム良く運んで欲しいです。馬もベテランですから心配はしていません。もしかするとこのレースが最後になるかもしれません。11歳になりましたが、なんとか結果を出せるようにスタッフ一同頑張っていますので応援をよろしくお願いします。」

(取材:小林雅巳)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース